挨拶

この度はご紹介させていただく機会を頂き、心よりお礼申し上げます。
株式会社よろずやは2018年に万屋商店として始まり現在に至ります。
主な業務は各種店舗、住宅の内外装工事並びにメンテナンス業務、インテリアデザイン、建築デザインのディレクション、プロジェクト監理業務です。
私は住宅、店舗ともに様々な立場で建築業務に携わってきました。
現場の作業員、デザイン設計者、施工管理者の立場を経験し、現在はインテリアディレクターと言う立場で仕事をさせていただいてます。
一般にはあまり聞き慣れない職業ですが、分業化の進む現在ではディレクション業務は必要不可欠な職業です。
インテリアディレクターについて簡単に説明します。
建築工事はデザインや設計を計画する所から始まり工事で一旦終わります、その後メンテナンスと続いていきます。
その中で設計者と職人を舞台裏から演出する演出家の様な仕事です。
どんな感性の優れた良い設計者であっても現場の手順、材料の特性を知らないと表現したい事が出来ない事もあります。
どんな腕の良い職人でも図面の数値を見落としたり、材料の発注量を間違えては仕事を進められません。
私は現場で起きる事を想定し設計者の表現を最大限に引き出し、職人が腕を振るう事の出来るステージを作ります。
情報を整理し、環境を整える事でそれは実現します。
近年、現場を知らない設計者、前後の段取りの分からないから職人を良く見かけます。
かつては私も現場を知らない設計者でした。
実はそう言った設計者、職人は少なくありません。
私は現場で失敗し、工事を遅らせてしまったり、損失を出し私を信頼してくれた方を失望させてしまった事があります。それはとても辛い経験でした。
今後2度と同じ間違いを起こしたく無いと思い、現場を勉強してまいりました。
自分に見えていない物は何なのか真剣に向き合い、多くの現場をこなしました。
そして現在に至ります。
美しいデザインも大事ですが、建築は創造物をどうやって実現していくのかをセットで考える必要があります。
私が特に拘りたい業務は
1.正確な施工図面の作成  2.安全、安価、短期間の施工です。
そして工事着工から工事完成までの全ての業務を監理します。この業務をプロジェクトマネージメント業務と呼びこれもまた重要な裏方業務です。
私は出来るだけ現場管理も自ら行い、徹底してお客さんの利益を守る事をモットーとしています。
しかし、弊社は会社規模が非常に小さい為少数精鋭と言えば聞こえは良いのですが、こなせる仕事量に限りがあります。
限られたお客様の子会社の様にお付き合いさせて頂いてます。
今後も様々な形でお客様のお手伝いをさせて頂きます。
2020年は新型コロナウィルスの影響で経済のあり方が変わって、生き方自体も
変わってしまう時代になると思います
こんな時代だからこそ、多くの現場を経験したタフな人間をお選び下さい。
ご縁を頂ける全ての方に誠心誠意を持って責任を果たさせて頂きます。
どうぞ、よろしいお願いいたします。

株式会社よろずや
松橋大志